[テクニカル分析] 大陽線のバリエーション紹介

FXのシグナル 大陽線のバリエーションを紹介

FXのテクニカル分析において大陽線は非常に良い指標になります。しかし一言に大陽線と言ってもヒゲの付き方によって大きくその性質が異なります。

今回は大陽線の3つのバリエーションを説明し,それぞれの指標が示すトレンドを説明します。

なお,大陽線については FXのシグナル 5つの基本形を説明 に書いてありますのでこちらを確認してください。

陽の丸坊主

始値が最安値,終値が最高値と同じの場合に出てくるケース。当然の事だが急激に上昇している事を示し,上昇傾向にある事を示す。

陽の大引け坊主

寄り付き後に安値となり,その後上昇したケース。終値が高値となっているため,さらなる上昇が見込まれる。

陽の寄り付き坊主

寄り付き坊主ってなんやねんと思った人も多いと思います。私も思いました。始値から一度も下がらずに上昇し,終値が高値をやや下回ったケース。上昇相場だったのが下落に転じようとする際に出てくる可能性があります。

どうでしたでしょうか。これらのシグナルは基本形になりますので是非把握して頂ければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です