無料の自動校正ツールを使って自分のブログ記事を改善する

無料の自動校正ツールを使ってブログ記事の完成度を向上させる

めっきり寒くなった12月24日にこの記事を書いているWEBエンジニアのToAです。

何が悲しくてクリスマスイブにブログ記事を書いているんだって感じですが、普通に夜10時まで残業してたんでもう悲しくもないですね。感情が無くなっていきますよ。

まぁそんな事より自作した自動校正ツールを自分で使ってブログ記事の完成度を上げていこうと思います!もうやけくそです。

私が作成した文章の自動校正ツールはリクルートAIの機能を使って校正しています。リンクは無料文章自動校正ツールです。

このださめなデザインが最近気に入りはじめました。ユーザーが増えそうならデザインを気にしていこうと思います。

まず、この部分に私の投稿したばかりの記事の一部を抜粋していこうと思います。今回抜粋するのは『i-Say』というアンケートサイトの評判を調べたときの記事です。

この記事の中の一部を抜粋して自動校正ツールに入れてみようと思います。

実際に文章を校正してみる

実際に文章を校正してみましょう。

この記事の中の赤印部分を校正に入れてみましょう。入れ方は簡単で、コピペして貼り付けるだけです。

一旦上部分のところにコピペしたら『校正開始』というボタンを押してください。それで一度下段に文字列がコピーされると同時に一番下に校正候補が出てきます。

こんな感じになりました。この文章の中だとどうやら校正対象は2つだけみたいですね。記事の中で「本拠地はパリにあるばりばりの海外副業サイト」という部分にリクルートAIは違和感を持ったようです。まぁばりばりなんていう単語はあんまり使わないですからね。そりゃそうか。

一番上の校正候補は「ばりばり」ではなく「ばかばり」「ばからり」、「ばんばり」のどれかではないかと指摘しています。いやそれはないだろとつっこみたくもなりますが、それはこのシステムでAIの予測値を無視して候補に出しているのが原因なんですよね。

予測値というのはAIがどれだけ自信を持って間違っていると指摘しているかの数値になります。0~1で評価されており、数値が1に近いほど確実に間違っていると認識した指摘をしてくれます。今はこの値が低くても候補に出しているのでこういったちょっとでも怪しかったら候補が出てきているんですね。

まぁそういう場合は無視しましょう。次に、「海外副業サイト」のうち、副の部分が「事」「企」「営」ではないかと指摘しています。

この辺はありそうですね。海外事業サイト、海外企業サイト、海外営業サイトなので、この指摘は妥当なところと言えます。ただ残念ながら今回は海外副業サイトで合っていますね。

どうやら私の文章はそこまで強く指摘が必要なほど間違っていなかったようです。

完全勝利しました。ありがとうございました。

会社に入ってすぐの頃は文章をめちゃくちゃに直されましたが少しは成長したって事ですかね。いまだに文章書くのは苦手なんですけど!

という訳で皆さんも是非 無料文章自動校正ツール を使ってください。もちろん完全無料です。

簡単な使い方は動画でも紹介しています。私のチャンネルでは主に副業関連やお金稼ぎ関連の記事を投稿していますので是非チャンネル登録を宜しくお願い致します。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。