PythonのWEBアプリケーション開発環境Djangoのインストール方法

大人気言語PythonでWEBアプリケーション開発環境Djangoの構築

AI開発で一躍人気になったPythonですが,実はWEBアプリケーションも作成する事ができます。最近私も会社でPythonを使ったWEBアプリケーションを開発するのに便利なDjango(リンクは公式サイト)を使った業務を行う予定が出てきたので,今回Djangoのインストール方法を紹介していこうと思います。

ただあくまで既にPythonをインストールした段階である事が前提です。もしインストールがまだの方こちらのページでインストール方法を紹介していますのでインストールしておいてください。またPythonの基本構文はこちらのページで解説していますのでよかったら一緒にどうぞ。

Pythonの仮想環境を構築

PythonでWEBアプリケーションを開発する上で仮想環境を構築する方が何かと便利な事が多いです。

そのため最初はPythonの仮想環境を構築します。まずはコマンドプロンプトを起動して以下のように入力してください。

python -m venv 作りたいフォルダ名(今回はvenv_private_diary)を打つと,現在のフォルダ(今回はC:\Users\yokoh)にそのフォルダ名称の環境を作る事ができます。これが仮想環境になります。確認してもらうと実際にフォルダが作られているはずです。

ちゃんと作られていますね。少し時間がかかりますから待ってください。

それが作成された後はコマンドプロンプトで今作成したフォルダに入ってください。コマンドプロンプトでは以下のコマンドで入る事ができます。

cd 入りたいフォルダまでのフルパス

そして上図のように「activate.bat」と打てば仮想環境に入る事ができます。これで他の環境に影響を及ぼさない独立した状態で開発ができます。

これから本丸のDjangoをインストールしていきます。プロセスは非常に簡単でこの仮想環境に入った状態で上図のように

pip install django

と打ってエンターキーを押してください。そうしたら自動的にインストールが始まります。始まらない場合はpipが入っていない場合ですがほとんどあり得ないはずです。

インストールが始まるとこのような画面が出て来ますので数分待ってください。自動的にインストールが完了します。

こんな感じの画面になればOKです。これでDjangoを使う事ができます。

今回はインストールまでの記事でしたが次回以降は実際にWEBアプリケーションを作成していこうと思っていますので是非見ていって頂ければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です