東証グロースに上場するEDP株式会社のIPO評価を解説

2022年6月27日(月)に上場するEDPのIPO評価について解説

最近IPO相場が復活してきて初値が高くなる傾向になりましたね。

VTuberグループのにじさんじを運営するAny Color株式会社は初値での利益が1口30万円を超えるような大盛況でした。

そんな中、また新しい企業が東証グロースに上場します。

上場する企業名はEDP株式会社になります。

上場までの日程は以下の通りです。

  • 申請期間:6月10日(金)~6月16日(木)
  • 当選日:6月17日(金)
  • 上場日:2022年6月27日(月)

ホームページのトップ画面から合成ダイヤモンドを扱う会社のように見えますね。

そんなEDP株式会社の上場目論見書を見ていきましょう。

まずは事業内容を確認しましょう。

どうやらダイヤモンドの種結晶を使って人工ダイヤモンドを作るような会社って感じですかね。

私の修士時代の研究内容と近くて既視感がやばいです・・・。ガスとか絶対メタン系だろ・・・。

このダイヤモンドの種結晶を売るのが主な収入源のようです。

合成ダイヤモンド自体は前からありますがまだまだ成長分野だと思うので将来性はありそうですね。

次に業績について見ていきましょう。

凄まじい成長速度ですね・・・。売上金額が毎年右肩上がりです。

利益も2019年以降黒字で、急激に利益が激増していますね。

売り上げが12億円程度で利益が3億円に届かないぐらいですか・・・。利益率は25%前後といったところで、製造業として見ると非常に優れた実績です。

今後も成長を続けそうですし、株を長期保有するのも良いと思うくらいですね。

そんなEDP株式会社のIPO評価をIPOまとめサイトから確認していこうと思います。

  • Xサイトの予想:5,500円 C評価
  • Yサイトの予想:4,900円 B評価
  • Zサイトの評価:5,400円 B評価
  • AIの予想:6,410円

思ったよりも厳しい判定ですね。まぁ売出価格がIPOにしては高いですからね。

IPOとしては売出価格が低い方が望ましいと言われていますが、4500~5000円の売出というのはかなり高めです。

さらに詳細な情報も確認していきましょう。

ん・・・?そんなに悪い条件には見えませんね。

IPOの初値に強烈に効くのは新規発行株数です。この値が少ないほど初値は高くなる傾向にあります。

そして今回は新規発行株数が493,300とういことで、これは非常に少ないほうです。

初値は結構高くなる可能性があります。

上場先も東証グロースで、IPO的には初値が上がりやすい傾向にあります。

これだけ見るとかなり有望だと思いますが、右下のグラフを見てもらうと分かるように売出価格が4500~5000円程度の案件は過去3年間で初値が上がる可能性は50%程度になっています。

IPOは低価格帯の方が有利というのがよく分かりますね。

そのため各サイトでもかなり厳しく見ているようですね。

ただ個人的にはこれだけ株数が絞られているならそこそこ利益は出そうだと予想しています。

是非購入を考えてみては如何でしょうか。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

(2022年6月28日追記)

初値は8200円になりました!!初値はそこそこあがると思いましたが、売出価格が5000円で初値が8200円なので1口あたりの利益は32万円になります!

素晴らしいですね~。公募割れはないと思っていましたがここまで上昇するとは。

購入できた方は羨ましいです!

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。