東証グロースに上場するAViC株式会社のIPO評価を解説

2022年6月30日(木)に上場するAViCのIPO評価について解説

2022年6月28日にAViC株式会社が東証グロース市場に新規上場する事が決まりました!

内容を見ていこうと思います。

気になるAViCの上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:6月14日(火)~6月20日(月)
  • 当選日:6月21日(火)
  • 上場日:2022年6月30日(木)

事業内容や業績を確認するために目論見書を見ていきましょう。

まずは収益モデルとなる事業構造を見ていきましょう。

インターネット広告サービスをやっているようですね。

広告を出したい企業から依頼されて、GoogleやYahoo,SNSの広告枠に依頼する商社みたいな事をしていますね。

広告主の企業は自分で各メディアに依頼できないんですかね・・・?Googleなんて個人でも依頼できるんですけどね。

次に業績を見ていきましょう。

2020年から急激に売上・利益が上がっていますね。

急成長を遂げていると判断できるレベルです。2021年で見ると売上が13億程度、利益が1.1億程度なので利益率が10%以下ってところですね。

広告の仲介だとこのくらいの利益率なんですかね。

とりあえず業績としては急成長している部類ですね。

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • 売出価格:920~1020円
  • Xサイトの予想:1,350円 D評価
  • Yサイトの予想:1,250円 B評価
  • Zサイトの評価:970円 B評価
  • AIの予想:1,600円

う~ん、渋いですね。

Zサイトがほぼ上がらないと予想していますし、他のサイトもほぼ利益は出ないという予想ですかね。

詳細情報を見ていきましょう。

IPOの初値は新規発行株数に強く依存し、この値が小さいほど初値が上がりやすくなります。

今回の株数は1,296,500株なので少し多い程度ですね。

上場先は東証グロースで、これはIPO的には望ましいです。

全体的に見ると初値が売出価格を割る事は考えにくい気がします。そこまで悪い条件ではありません。

強いて言うなら6月は他にも上場する企業が多いので、買いの圧力が分散する事はありますが、それを踏まえても悪い条件ではありません。

そこまで大勝する事はないでしょうが、数万程度の利益は出ると思います。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。