新規上場企業のIPO評価を見る FPパートナー編 [東証グロース]

2022年9月22日(木)に上場するFPパートナーのIPO評価について解説

2022年9月22日にFPパートナー株式会社が東証グロース市場に新規上場する事が決まりました!

早速内容を見ていこうと思います。

気になる上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:9月6日(火)~9月12日(月)
  • 当選日:9月13日(火)
  • 上場日:2022年9月22日(木)

事業構造や業績の確認

事業内容や業績を確認するために目論見書を見ていきましょう。

まずは収益モデルとなる事業構造を見ていこうと思います。

事業内容は個人及び法人向けの保険代理業、金融商品仲介業、銀行代理業となっているようです。正直かなり分かりにくいですよね。

簡単に書くと顧客の人生プランに寄り添ったお金のコンサルなどを行っている会社のようです。

まぁFPっていう文字が会社名に入っていますからね。

最近はやりの投資とかの話をするんですかね。私も最近マネーセミナーを受けたりしましたよ。

Amazonギフト券1000円とか貰えるんでこの記事の内容とは関係ないですけど興味あればこちらの記事も読んでみてくださいね。

次に業績を見ていこうと思います。

売上高を見てみると2021年度で209億円程度と東証グロース市場にしてはかなり大規模です。

しかもかなり右肩上がりに上がっていますね。最近の投資ブームの影響ですかね。

次に利益を見ていくと2021年度で18億円程度、それ以前の利益はかなり安定していませんね。

ここ数年の投資ブームで流れにのった気がしますね。利益率は8.5~9%程度になるので悪くはありません。

IPOまとめサイトで各サイトの評価を見る

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • 売出価格:2,340~2,600円
  • Xサイトの予想:2,950円 C評価
  • Yサイトの予想:2,740円 B評価
  • Zサイトの評価:2,610円 B評価
  • AIの予想:2,660円

予想を見ると全サイトで利益が出ると思っているようですね。

ただどれも大きな利益ではなく、若干(数千円~数万円)の利益に留まるだろうと予想していますね。

ちょっと売出価格も1口26万円とかなのでちょっとリスクがありますね。

詳細情報も見ていきましょう。

初値に強く影響する新規発行株数は345万株になります。

この数字が小さいほど初値が大きくあがって利益になるのですが、345万株という数字はめちゃくちゃ大きいです。

初値の大きな上昇は全くと言っていいほど期待できません。

それどころか個人的には損失が出る可能性すらありそうです・・・。

私の個人的予想では売出価格の1口26万円よりも低い初値がつくとおもっています。

皆さんの考えはいかがでしょうか。よければコメントで教えてください。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。