PV数が取れそうなWEBサイト構築を考えてみる

前回の記事で考えた生活に必要な項目で出来る内容を構築する

前回の記事からの続きになります。

前回までで、生活に必要かつ検索数が上位にある項目をまとめてみました。

そこで月間検索数1000万程度の項目の中から、食事関連が一番市場として大きいのでどういった内容のサイトが求められているかを考えていこうと思います。

また、事前に書いておくと以下の項目を考慮します。

  • 技術的に出来る・出来ないは考慮しない(本当に必要な機能のことのみを考える)
  • 反社会的なものは考えない(Googleが許さない行動はとらない)

食事関連で求められる機能とはなんだろうか

食事関連で求められるキーワードってなんでしょうか。

これもキーワード検索で毎月の検索数を調べてみました。

そうしたら食事と一緒に調べられているワードが見えてきました。

  • 近く の レストラン
  • グルメ
  • ファミリーレストラン
  • レストラン おすすめ
  • ディズニー ランチ

このあたりが上位に来ました。まぁディズニーとかはさておき・・・割と今から行きたいレストランなどを調べたい傾向にありそうです。

近くのレストランが分かる・・・この程度のWEBサイトなんて腐るほどありそうです。

試しに近くのレストランとかで調べてみましょう。

さらに各お店の情報などを見ていくと以下のような感じです。

画像で店の雰囲気を教えていて、さらにコース料理などの情報を出していますね。

ただ、このサイトを見ていて思ったのはクーポンが食べログ独自の割引率の低いものばかりなのでは?ということです。

これを食事系のクーポンサイトを見て割引率を比較してみようと思います。

と思って調べてみたんですが、あんまりヒットしないですね。

クーポンサイトはいくつもあるのですが、都合よくこの うおぷく さんのクーポンは見当たりません。

それにクーポンはいくつもあるのですが、なかなかいい条件の物はありませんね。

近くのお店を調べたときに、同時にクーポンサイトでの各種割引条件などを出せたら面白いかなと思いましたがそう簡単にはいきませんね。

  • ユーザーは自分の近くで人気のレストランを検索する
  • その時にぐるなびの評価と各サイトでのクーポン情報などを一覧で見られるようにする

これだけで結構人気は出そうですが・・・。

ちょっと一回保留してまた練り直そうと思います。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。