東証グロースに上場するM&A総合研究所株式会社のIPO評価を解説

2022年6月28日(火)に上場するM&A総合研究所のIPO評価について解説

2022年6月28日にM&A総合研究所株式会社が東証グロース市場に新規上場する事が決まりました!

期待のIPO案件になりそうですし、内容を見ていこうと思います。

この会社はテレビCMもしているのでご存じの方が多いと思います。

というか非上場企業だったんですね・・・。

事業内容はM&A関係なんでしょうね。そんな気になるM&A総合研究所の上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:6月13日(月)~6月17日(金)
  • 当選日:6月20日(月)
  • 上場日:2022年6月28日(火)

それではM&A総合研究所の上場目論見書から見ていきましょう。

まずは事業内容を確認していきましょう。まぁ大体想像はつきますけどね。

ほぉ・・・AIを活用してM&Aのサポートをしていると・・・そして経営者の高齢化が進んでいて後継者がいないからM&Aの需要は今後も増えると・・・。

う~ん、理屈は分かりますがどういうAIなんでしょうか。過去のデータとして入れているデータが分からないと何とも言えませんね・・。

まぁ高齢化が進んでいる日本では後継者のいない企業は増えていくでしょうね。

それでも将来性がある企業なら後継者は育つと思いますけどね。継ぐ気が起きないような企業だから後継者いないだけでは?

まぁ私の感想なんて書いてもしょうがないですね。

次に直近の業績を見ていこうと思います。

凄まじい右肩上がりですね!!異常なくらいですよ。

CM打ち始めてから急激に伸びたとかですかね?2021年から何があったのか分からないくらい好調です。

ちなみに2022年3月時点の業績では売上が17億円、利益が10億円ということで利益率は50%以上の尋常ではない数字です。

そう考えるとAIを使って、効率化しているっていうのは本当っぽいですね。人力でやるとどうしても人件費がかさむので利益率下がりますし。

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • Xサイトの予想:1,650円 C評価
  • Yサイトの予想:1,410円 B評価
  • Zサイトの評価:1,660円 B評価
  • AIの予想:1,470円

AIの予想が一番辛辣ですね。ただ全てのサイトで売出価格よりも初値の方が高くなると予想しています。

ただ大幅な利益が出るという感じではありませんね。

せいぜい数万円程度の利益が出たら嬉しいくらいですかね。

さらに詳細な情報も見ていきましょう。

これはちょっと危険信号が出ていますね。

IPOの初値は新規発行株数に大きく依存します。この数字が小さければ小さいほど初値は上昇する傾向にあります。

しかし今回の発行株数は4,783,800株です。この数字は非常に大きいです。

市場に大量に株が出回るので供給が大きすぎて値段が上がりにくくなるでしょう。

上場先は東証グロースですが、これはIPO的には望ましいです。

全体的に考えて初値は売出価格よりかは上がると思いますが大きな利益は望めないでしょう。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。