新規上場企業のIPO評価を見る 日本ビジネスシステム編 [東証スタンダード]

2022年8月2日(火)に上場する日本ビジネスシステムのIPO評価について解説

2022年8月2日に日本ビジネスシステム株式会社が東証スタンダード市場に新規上場する事が決まりました!

早速内容を見ていこうと思います。

気になる上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:7月15日(金)~7月22日(金)
  • 当選日:7月25日(月)
  • 上場日:2022年8月2日(火)

事業構造や業績の確認

事業内容や業績を確認するために目論見書を見ていきましょう。

まずは収益モデルとなる事業構造を見ていこうと思います。

どうやらMicrosoftが提供しているクラウドサービスを活用したコンサルやITサービスを提供しているようです。

Microsoft社とはどういう契約になっているのかが気になりますね。

コンサルやシステム保守、運用などをメインで実施しているようです。

クラウド事業自体は今後も市場が増えていくとは思うのですがなぜマイクロソフト製品のみと全面に出しているのだろうか。

適材適所でAWSやGCPの採用も考えていくべきだと思うが・・・。

ただ今後も割と伸びていく事業だとは思います。競争は激しそうですけどね。

次に業績を見ていきましょう。

売上高は見たところ右肩上がりですね。非常に順調に伸びて行っています。

特に書くこともないな・・・。売上高は直近で750億円ですね。

利益の方も割と順調に伸びて行っていて、直近では23億円程度になります。

そのため利益率で言うと3%程度になりますね。

ちょっと利益率が低いのが気になりますが新規事業立ち上げなどで投資をしているのかも知れません。

基本的には順調に伸びて行っているという印象ですね。

IPOまとめサイトで各サイトの評価を見る

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • 売出価格:1,420~1,520円
  • Xサイトの予想:1,710円 C評価
  • Yサイトの予想:1,720円 B評価
  • Zサイトの評価:1,570円 C評価
  • AIの予想:1,900円

う~ん全体的に若干の利益が出るという予想をしていますね。業績や事業内容的には悪くはないんですが、まぁ東証スタンダードなので仕方ないですね。

あ~これはちょっと厳しいですね。

新規発行株数はIPOの初値に大きく影響を与えるのですが、今回は280万株も新規発行されていますね。

この値はかなり大きく、このくらいの数字になると初値が大きく上昇することはまずありません。

というか売出価格よりも初値の方が下がる可能性すらありそうです。

業績、事業などは悪くないのですがあまり大きな利益は出ないと予想されます。

皆さんはどう思うでしょうか。もしよければコメントを貰えると嬉しいです。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。