新規上場企業のIPO評価を見る ジャパニアス編 [東証グロース]

2022年9月13日(火)に上場するジャパニアスのIPO評価について解説

2022年9月13日にジャパニアスが東証グロース市場に新規上場する事が決まりました!

早速内容を見ていこうと思います。

気になる上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:8月29日(月)~9月2日(金)
  • 当選日:9月5日(月)
  • 上場日:2022年9月13日(火)

事業構造や業績の確認

事業内容や業績を確認するために目論見書を見ていきましょう。

まずは収益モデルとなる事業構造を見ていこうと思います。

ジャパニアスは先端エンジニアリング事業という、顧客に対して高い技術力を提供する事業を中核に据えています。

書き方は少し違いますが、IT業界でいうITベンダーと違いが分かりませんね。

ソフトウェア以外にも機械や電子業界もやっているみたいなので、加工技術とかも提供しているんですかね?

とりあえず業界自体は割とよくある体系ですね。

次に業績を見ていこうと思います。

売上高についてはここ数年右肩上がりですね。

しっかし綺麗に成長していますね・・・。エンジニア数もかなり増やしているみたいなので、人数に比例して伸びて行っている≒需要はまだまだある ということですかね。

次に気になる利益ですが、そこまで成長しているという風には見えませんね。やはり売上が右肩あがりなのはエンジニア数を増やしている結果と言えそうです。

売上高は2021年に72億円程度、利益は3億6000万円なので利益率は5%程度ですね。

決して高くはありませんが、そこまで低くもないという数字ですね。

IPOまとめサイトで各サイトの評価を見る

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • 売出価格:960~1,020円
  • Xサイトの予想:1,500円 C評価
  • Yサイトの予想:1,320円 B評価
  • Zサイトの評価:1,380円 B評価
  • AIの予想:1,600円

全ての予想で、初値売りで利益が出ると予想されていますね。

ただ1口あたりの利益はそこまで大きくなく、大体5万円前後の利益が見込めるくらいですね。

もう少し詳細な情報を見ていきましょう。

新規公開株の初値に大きく影響する新規発行株数を見ると130万株くらいですね。

この数字が低いほど初値が上がりやすい優良案件になるのですが、これはちょっと多いかな?くらいの数字です。

ただ東証グロースという一番初値が上がりやすい市場なので、個人的な予想としても初値を割る(損失が出る)ことは考えにくいです。

皆さんの予想は如何でしょうか。コメントに書いてくれると嬉しいです。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。