新規上場企業のIPO評価を見る キットアライブ編 [札証アンビシャス]

2022年9月28日(水)に上場するキットアライブのIPO評価について解説

2022年9月28日にキットアライブ株式会社が札証アンビシャス市場に新規上場する事が決まりました!

札証アンビシャスって初めて聞いたなと思って調べたら札幌の市場のようです。名証とかの札幌版ですね。

早速内容を見ていこうと思います。

気になる上場日程は以下の通りです。

  • 申請期間:9月7日(水)~9月13日(火)
  • 当選日:9月14日(水)
  • 上場日:2022年9月28日(水)

事業構造や業績の確認

事業内容や業績を確認するために目論見書を見ていきましょう。

まずは収益モデルとなる事業構造を見ていこうと思います。

まず、主な事業は2つのようです。

salesforce社からライセンスを購入し、それを元に顧客に対してsalersforceの導入支援を行ったりするようですね。

よくあるシステム開発のコンサル兼技術支援とかですかね。

この手の会社が上場するのはよくあるんですが、毎回思うのは扱っているSaaS(今回はsalesforce)の規模に大きく影響しますよね。

salesforceがしぼめば苦しくなるし、規模拡大していけば好景気になる。

とりあえず当面は安定してそうなので、IPOとしては悪くはないでしょう。

次に業績を見ていきましょう。

売上高を見てみると直近では綺麗に右肩上がりになっています。

直近の業績は2021年度で5億7000万円程度ですね。

利益を見てみると2021年度で1億1500万円程度なので、利益率は20%になっていますね。

あれ、IT系とはいえちょっと利益率が高すぎますね。何かしら資産売却があったのか・・・?

人を雇用してコンサルとかやると思った以上に利益率が上がらないはずなんですけどね。

IPOまとめサイトで各サイトの評価を見る

それでは各サイトでの評価をIPOまとめサイトで見ていこうと思います。

  • 売出価格:1,230~1,410円
  • Xサイトの予想:2,500円 B評価
  • Yサイトの予想:2,000円 A評価
  • Zサイトの評価:1,730円 B評価
  • AIの予想:4,390円

かなり評価に差が出ていますね。札証みたいなマイナー市場だと初値が上がりにくいっぽいのですが、AIは強気の予想をしていますね。

ただ予想を見ると全サイトで利益が出ると思っているようですね。

次に詳細情報を見ていきましょう。

初値に強く影響する新規発行株数は31万株です。

この数字が小さいほど初値が大きく上がる傾向にあるのですが、この31万株というのはめちゃくちゃ少なくて好印象です。

個人的に初値は大きく上がると思っています。

札証アンビシャスに上場するので前例が少なくて予想しにくいですが、個人的にはかなり大きな利益が出ると思っています。

少なくとも初値は2500円を超えると思いますけどね。

皆さんの予想はどうでしょうか。是非コメントなどで教えてくださいね。

他のIPO関連の記事はこちらから見る事ができます。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。