FX 上昇トレンドの勢いを示すスラストアップを紹介

プライスアクション 上昇トレンドの勢いを示すスラストアップを紹介

FXのトレンド予測はFXトレードをしている人ならば永遠の課題だと思います。その中でもトレンドの平行ラインを見たりテクニカル分析に基づいたトレードをしている人が多いと思います。しかしこの2つの手法とは異なりますがプライスアクションという「値動きそのものから相場の現状を把握して売買プランを立てる手法」もあります。プライスアクションを紹介している外部サイトはこちらです。

このプライスアクションの中で上昇トレンドの強さ,勢いの強さを示すのが「スラストアップ」になります。今回の記事ではこのスラストアップを紹介していきます。

スラストアップの形状と発生条件について

スラストアップについて紹介していきます。スラストアップの「スラスト」は「推進力」や「押し分けて進む」という意味で値動きの強さを示します。

「スラストアップ」は上昇トレンドの強さが現れたローソク足で,成立条件は以下の通りです。

  1. 前日のローソク足の高値を当日のローソク足の終値が上回っていること

この一点のみとなります。この事を踏まえてどういったローソク足になるか図解してみると下図になります。

ただ前日は陽線である必要はありません。陰線だったとしても当日の終値が高くなっていればスラストアップとなります。どちらにしても前日につけた高値をさらに上回る上昇が続き,そこから下げることなく前日高値を超えた状態で終値をつけた事からロング筋の勢いが一貫して強かったことが分かります。

通常,前日の高値は目先の抵抗帯になることが多く,その高値を超えても買いが続々と湧いてくるのは「高くても買いたい」というトレーダー心理が働いている証拠になります。

このスラストアップは上昇トレンドが続いている局面では連日のように登場して高値を切り上げていきます。

このスラストアップ以外にも他のプライスアクション記事を投稿していますのでそちらも見ていってください。なお,プライスアクションで最も重要となるピンバー(十字線)の記事はこちらになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です