[FXの基本]FXをするメリットと他投資法との違い

FXをするメリットを他投資と比較しながら説明

FXはよく外貨預金や株式投資と比較される事の多い投資手法です。他の投資手法と比べて何がメリットなのかを説明していこうと思います。

外貨預金との比較

FXは当然の事ながら,通貨間の為替変動を元に利益を出す投資方法です。それに対して外貨預金はどのように利益を出す手法なのかを説明していきます。

日本通貨でも同じですが,外国通貨でも銀行にお金を貸した場合は年間で利息が付きます。皆様が無意識のように銀行にお金を預けていると思いますが,これは銀行に所持金を預けて利息をもらうという投資をしているのと同義です。しかし日本の利息は非常に低く,あまりこの投資によってお金を得られる事はありません。そこで利息の高い国の通貨を購入し,その国ごとの利息を貰うのが外貨預金です。

これがアメリカ,オーストラリア,ニュージーランドの3か国で外貨預金をした場合の金利(利息)です。基本的には先進国であるほど低金利,新興国ほど高金利になる傾向があるので日本よりもこの3か国のほうが利息が高いです(アメリカは経済成長著しいので金利が高いです)。

それに対してFXは為替変動による為替差益と,スワップポイントと呼ばれる各国の金利差を元にお金が貰える仕組みがあります。これによって外貨普通預金よりも簡単に金利が高い国の通貨を保有し,毎日金利差に応じた金額を取得する事ができます。

基本的に日本の金利は世界最低レベル(マイナス金利とかやってますし)なので,金利が高い国(南アフリカなど)の通貨を保有する事で年5%を超える金利を取得できます。ただ,当然の事ながら為替変動が関わってくるので完全に安全な投資ではありませんが,日本の銀行預金も大なり小なりのリスクが伴います。それは投資家としてどちらの投資方法が良いか考えてください。

株式取引との比較

FXと比較される事が一番多いのはこの株式取引だと思います。株式投資とFXは確かに近い部分があり,株式は保有しているだけで配当が入る銘柄があり,FXはスワップポイントで毎日利益を出せます(不利益が出る場合もあります)。株式投資とFX取引の違いについて説明します。

株式投資とFX取引で一番大きく異なるのは取引が可能な時間だと思っています。株式取引の場合はほとんどの場合,証券取引所が開いている下記時間帯でしか取引ができません。

一方で,FXは基本的に24時間いつでも取引ができます。株取引の場合は昼頃しか取引できないため,社会人には日中取引は非常に厳しいものがあります。それに対してFXは24時間取引が可能な為,自分のペースに合わせたFX取引が可能です。ただ,世界中で24時間取引が可能なため,各国で時差がある事に影響されて為替の流れが大きく変わるタイミングが一日に何度かあります。主要市場の取引時間を抑えた資料を以下に示します。

これ以外にも,株式は保有株の価値が0になった場合でも,投資した金額以上のマイナスになる事はありませんが,FXはマイナスになる事があるという違いがあります。一方でFXは一般的に株式よりも利益の幅が大きいのでハイリスク・ハイリターンです。自分に合う投資方法を選ぶといいと思います。

他にも色々な違いがあると思いますがそれは別の記事で書いていこうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です