[FXの基本]FXの仕組みであるレバレッジとは

FX取引で良く聞くレバレッジ その仕組みを説明

FX取引に興味がある人だと「レバレッジ」という言葉について聞いた事があると思います。しかし実際にはどういう事をしているのか,何故レバレッジをかけるのかを説明していこうと思います。

レバレッジは「てこの力」の意 小さな資金で大きく動かす

まず,FX取引を行うには取引業者に口座を開設し,そこにお金を証拠金として預ける必要があります。この証拠金を使ってFX取引を行うのですが,ここで良く比較される株取引と大きな違いが出て来ます。株取引の場合は預けた金額までしか取引できないのに対して,FXは預けた金額(証拠金)の何倍もの外貨を買い付ける事が出来るのです。

恐らく意味が分かりませんよね・・・。例えば1万ドルの外貨預金を行おうとすれば1万ドルが必要になりますが,FXの場合は1000ドル預け,これを証拠金としてレバレッジを掛ける事で1万ドル預け入れた物として取引ができるのです。まさに「てこの力」という事です。

これによって利益をレバレッジで掛けた倍率だけ多く出す事ができます。例えば10万通貨単位で1ドル100円の時にドルを買った場合,1ドル110円になった際は10万円の儲けが出ます。一方でここにレバレッジを10倍かけていれば,なんと利益は100万円になるのです。まさに錬金術のようですよね。ただし,これはマイナスになってしまった場合でも同じで,マイナスの金額がレバレッジ分だけ大きくなります。使う場合は気を付けましょう。

レバレッジの倍率について

FXではレバレッジという仕組みを活用する事で少ない資金を預けた状態で大きな金額を動かす事は分かると思います。一方で,このレバレッジは何倍まで上げる事が出来るのでしょうか。

これに関しては日本国内の取引業者と海外の取引業者で大きく変わります。

海外業者のレバレッジについて

まず海外業者の場合はピンからキリまでありますが,数百倍~数千倍まで使用できます。私が知っている範囲で200倍で運用している人がいますが,海外業者を利用して取引をしています。この200倍という数字は非常に大きく,証拠金を十分に持っていないと簡単にロスカットになってしまうので要注意ですね。ちなみに,私が知っている範囲で一番高いレバレッジをかける事ができるのはロシアのFBS社で,3000倍です。これはもうカイジの沼パチンコを凌駕するヤバさですね。

この画像はFBSの公式ページから持ってきましたが,「レバレッジ3000倍で効率よく稼ごう」というフレーズは狂気ですね。効率良すぎです・・・。

国内業者のレバレッジについて

次にこの記事を見ているほとんどの人が使用するであろう国内業者についてです。国内業者は金融庁の取り決めによってレバレッジ上限は一律25倍になっています。

これを見て「海外業者に比べて低いなぁ・・・」と思う方も多いでしょうが,25倍というのは実は世界全体で見るとかなり高い方で,一時期は上限10倍にしようとする動きもあったようです。正直25倍でも十分高倍率なので,国内業者の活用で十分だと思われます。また,リスクも高いのでFX取引に慣れない内はレバレッジを掛ける事はオススメしません。

レバレッジについてのまとめ

今回説明したレバレッジについてまとめます。

  • レバレッジは「てこの力」という意味で,少ない証拠金で大きな資産運用が可能
  • レバレッジを掛ける事で,海外業者ならば最大3000倍までの取引が可能
  • 国内業者であれば最大25倍までの取引が可能
  • FX取引に慣れない内はレバレッジは掛けない方がオススメ

という事になります。

今回の記事はここまでにします。読んで頂きありがとうございます。

Follow me!

[FXの基本]FXの仕組みであるレバレッジとは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です