[テクニカル分析]FXシグナル 下げ足の寄せ線を解説

FXのトレンド分析 下落シグナル 下げ足の寄せ線とは

FXのトレンド分析は多種多用に渡り,当然ある程度確率されたテクニカル手法が存在します。その中で下落シグナルとして使用される下げ足の寄せ線について解説していこうと思います。

まず下げ足の寄せ線の流れについて説明します。

  • チャートで下落相場が続く(①)
  • 十字線が現れる (②) ←これが下げ足の寄せ線
  • 十字線以降も下落傾向が続く(③)

※十字線については 十字線のバリエーション紹介 に記載してありますのでそちらを参照願います。

MT4で見る「下げ足の寄せ線」 実チャートでの活用例紹介

MT4で実際に出てくる 下げ足の寄せ線 を見てみます。

今回のチャートはAUD/JPY(豪ドル/円)の30分足です。

下げ足の寄せ線は以下のような流れで発生すると考えられます。

  • 下落トレンドが続く
  • 一部の投資家が「そろそろ上昇トレンドになるだろう」という甘い観測で買いポジを入れる
  • そうすると一時的に為替が拮抗するが,高確率で下落トレンドが続く
  • そのためあまり為替が動かなかった足である下げ足の寄せ線が発生する

こんな流れですね。テクニカル分析は逆張り派の存在によって成立する事が多く,今回の下げ足の寄せ線もその1つです。

テクニカル分析の中でもかなり再現性が高いシグナルなので是非活用して爆益を狙ってください

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です