[テクニカル分析] 大陰線のバリエーション紹介

FXのシグナル 大陽線のバリエーションを紹介

FXのテクニカル分析において大陰線は非常に良い指標になります。しかし一言に大陰線と言ってもヒゲの付き方によって大きくその性質が異なります。

今回は大陰線の3つのバリエーションを説明し,それぞれの指標が示すトレンドを説明します。

なお,大陰線については FXのシグナル 5つの基本形を説明 に書いてありますのでこちらを確認してください。

陰の丸坊主

始値と最高値,終値と最安値が同じという急激な下落が入った際に出る。急激で反発しない下落のため,これが出た後はまだ下落が継続する傾向が強い。

陰の大引け坊主

始値より少し上昇してはいるが,下落する勢いが強い状態。終値が最安値のため継続して下落する可能性が高い。

陰の寄り付き坊主

始値から大幅に下落し,若干盛り返して下ヒゲが出たパターン。これは一度安値を付けた後に上昇しているため,上昇に転じる可能性がある。

どうだったでしょうか。大陰線および大陽線は明確な指標として始値と高値が一致するか,終値と安値が一致するかなどで次の足がどう動くかを予想できます。短期的トレードをする場合は非常に有効な指標なので是非覚えていってください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です