[テクニカル分析] 十字線のバリエーション紹介

FXのシグナル 十字線のバリエーションを紹介

FXのテクニカル分析において十字線はトレンドの転換を示す指標になります。十字線には為替の値動きに合わせていくつかのバリエーションがあります。

今回は十字線の3つのバリエーションを説明し,それぞれの指標が示すトレンドを説明します。

なお,十字線については FXのシグナル 5つの基本形を説明 に書いてありますのでこちらを確認してください。

一本線

始値,終値,安値,高値が全く同じの時に出てくる。これは超短期足でしか見たことがなく,長期足で出る事はまずない。超短期足でも基本まず出ないが,転換点を示す事が多い。

足長同時線

長い上ヒゲと下ヒゲがあり,上下に激しく為替が動いた時に出る。トレンドが強く出ていた場合は転換期を示す場合がある。

トンカチ

上ヒゲがなく,下ヒゲが長い十字線。下落トレンドから上昇トレンドに転換する際に出てくる。

トウバ

下ヒゲがない十字線で,上昇トレンドから下落トレンドに転換する際に出てくる。

十字線についてのまとめ

今回十字線について説明しました。一応十字線はトレンドの転換期に出てくると言いますが,経験的にトレンド転換期に出てくるとも断言できません。短期戦の場合は特に信用できない指標ですね。短くても1時間足くらいで出てきたら少しは指標として使えるのかも知れません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です