[テクニカル分析]下落パターン ヘッドアンドショルダーを解説

FXのテクニカル分析で使用される ヘッドアンドショルダー を解説する

FXのテクニカル分析で使用されるヘッドアンドショルダーについて説明します。

ヘッドアンドショルダーが出来る流れを以下にまとめます。

  • 最初に天井付近まで上昇する(①)
  • 特定の高値になった後に一転して下落する(②)
  • 下落はすぐに止まり,再度上昇トレンドになる(③)
  • 上昇トレンドも最高値を更新して再度下落する(④)
  • ネックラインが抵抗線になるのでそこで反発して一時的に上昇する(⑤)
  • 上昇トレンドは長く続かず,最高値よりも一回り低い値で高値が付く(⑥)
  • ネックラインを下回ると急激な下落傾向になる(⑦)

MT4で見るヘッドアンドショルダー 実チャートでの活用例紹介

実際のチャートで出てくるヘッドアンドショルダーを見てみたいと思います。

ただ,この手の波形が綺麗に出てくる事は非常に稀です。それと,この形を元にポジションを入れるのは至難の業です。知り合いにトレーダーは何人もいますが,「ヘッドアンドショルダー使ってポジション取りしてる?」と聞いたところ全員から「していない」という返事をもらうくらいには上級者向けですね。

とりあえずこんな形でしょうか。かなり奇形ではありますが・・・。

かなり扱うのは難しいテクニカル指標ですが知っているか知らないかでは大きな違いがあります。

是非記憶の片隅にでも入れておいていただけると幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です