[テクニカル分析]上昇シグナル 上伸途上の極線・寄せ線を説明

FXのテクニカル分析で使用される 上伸途上の極線・寄せ線 を解説する

FXのテクニカル分析で使用される上伸途上の極線・寄せ線について説明する。

上伸途上の極線・寄せ線は上昇相場で大陽線に続いて「コマ」か「寄り付き同時線(十字線)」が出ると分岐点となります。その後,さらに陽線が出ると上昇は勢いづきます。この形が上伸途上の極線・寄せ線になります。

※コマは柱の短い陽線もしくは陰線です。

※十字線については 十字線のバリエーション紹介 で紹介しています。

こんな形でチャートに出てきます。

MT4で見る 上伸途上の極線・寄せ線を説明

実際のMT4トレード画面で近いチャートを例に出します。

そんなに強くありませんが上昇トレンドの途中で十字線が出て,次に大陽線が出ています。そのあとは若干の下降もありましたが上昇トレンドが続きました。

これは1分足のチャートなので為替があまり動いてはいません。

個人的に十字線の後は為替の方向性が見えないのでポジションを入れない事が多いです。皆さんもこれは一つの指標と捉えてトレードの参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です