南アフリカで先住民の王が大麻を栽培して逮捕、釈放された事件

南アフリカで起きた珍事件を解説

最近何か面白い事ないかな~と思っていたら南アフリカでめちゃくちゃ面白い事件が発生していました。

南アフリカでは当然政府が存在するのですが、それに対して反発している先住民の一族がいるようです。その先住民はコイサンと言い、その一族は伝統的に大麻を吸っていました。

一方で大麻は南アフリカでは違法薬物となっているのでこの一族は大麻を吸う事ができません。

それに対して反発したコイサン一族は講義の意味を込めて首都プレトリアの大統領府前の芝生で大麻を無断栽培していたようです。また、大麻の合法化と同時に南アフリカでコイサン語を共用語として使う事を政府に求めていましたが、当然大麻の無断栽培は違法なのでコイサンの王を自称する男性は警察に捕まってしまいました。

その時の画像がこちらです。

この大麻をつかんで離さない男性が自称コイサンの王です。

コイサンの王は以下のような言葉を発しながら

  • 警察よ、宣戦を布告したな
  • われわれはここで平和的に過ごしてきた
  • 狙いは草か?草なのか?制服を着たくずどもめ

というあまたの名言を残しながら捕まったようです。一応先住民がコイサン一族なので後から来た政府の命令に従うのがつらいというのは分かりますが絵面がインパクト強すぎて笑っちゃいますね。

このあたりの内容についてはこちらの記事を参照しています。

南ア警察、「先住民族の王」逮捕 大統領府前で大麻栽培 AFPBB News

ただご安心ください!この先住民の王は既に解放されています。というより捕まった次の日には釈放されたようです。政府も取り扱いに苦心しているのがひしひしと伝わってきますね。

今回は保釈金なしで保釈が認められ、審理は3月に持ち越しのようです。まだ完全に無罪となった訳ではないようですね。自称王は法廷を出るとすぐに大麻を詰めたパイプに火を付けました。

Image

これまた絵面がすごいな。

王は記者団に対し以下のように発言したようです。

  • われわれ南アフリカの先住民に対する攻撃だ
  • 彼らの法律に従うつもりだったが、法律は大麻を吸うわれわれを刑務所に入れる物だった

まぁそうですよね・・・。南アフリカはコイサン一族の居住区を特区として認めてそこでは大麻を吸ってもOKとかにしないと解決できそうにないですね。そこで吸おうとする人は出てきそうですけど。

どういう結末になるのか全く分かりませんが南アフリカはプライベートな場所で大麻を吸うのはOK、公共の場で吸うのはNGという微妙な法律をしているみたいです。一方で今回の大麻は肩の高さまで栽培してしまったみたいなので判例的には有罪となれば25年以下の禁錮刑を科されるみたいです。

めちゃくちゃ罪重たいです。こんだけ重罪扱いするならプライベートな場所での大麻吸引も罪にした方がいいんじゃないか・・・?よく分かりませんね。

釈放された当たりの記事はこちらを参考にしています。この事件はわずか2日の出来事だったので関係者たちは濃密な時間を過ごしたみたいですね。

動画:「南ア先住民族の王」保釈 政府に対話呼び掛け 国際ニュース:AFPBB News

私のブログでは他にも笑えるニュースを投稿しているのでもし興味があったら是非こちらのリンクから見て行ってください。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。