Like4Likeで本当に稼げるの?危険性も含めて解説します

SNSの相互フォローシステムであるLike4Likeで本当に稼げるのか

不労所得を手に入れて労働からの解放を願ているWEBエンジニアのToAです。早期リタイア、昔でいうところのアーリーリタイアを切望していて、副業などで投資の原資を貯めていきたいと思っています。

そんな事を思っていると某YouTuberの人が「Like4Likeというシステムを使えば一日で1万円以上を稼げる」みたいな事を言っていたのでLike4Likeについて調べました。そのYouTuberの人は「Like4Likeで誰かのアカウントの登録者数を増やす対価として金銭をもらう」と言っていましたがその内容があまりにも怪しかったので・・・。

その結果、結構長い間使ってみて分かった事はLike4Likeのシステムは

使い方によっては時給数百円くらいにはなりそうだけど、使い方を間違えると訴えられる可能性すらある危険な仕組み

という事が分かりました。

今回はその調査結果について説明させて頂きます。ちなみにYouTubeで副業のやってみた動画を上げていますので是非チャンネル登録をお願いいたします。チャンネル登録はこちらから。

そもそもLike4Likeとは何?

Like4Likeは「SNSを相互にフォローしたらいいんじゃね?」という考えで生まれたシステムで、あなたが何かのSNS、例えばTwitterで誰かのアカウントをフォローした場合、あなたのSNSアカウント(TwitterだけでなくYouTubeでも可)もフォローしてもらう事ができます。

細かい使い方については以前書いたLike4Likeの使い方に書いてありますのでそちらを見て頂ければと思います。

ここではLike4Likeを使えば「誰かのSNSアカウントのフォロワーを増やせる」ことだけ理解してもらえればOKです。

特定のYouTubeアカウントの登録者数を増やしてみる

Like4Likeで誰かのSNSをフォローしてあげてクレジットという物を貯めると、お返しとして誰かのYouTube登録者数を増やす事ができます。もちろん自分のYouTubeチャンネル登録者数を増やす事ができるので、今回は私のチャンネル登録者数を増やしてみましょう。

このYouTubeチャンネルは以前私が技術ブログをやっていたころの残骸です。分かる人にはバレてしまいますが私はVTuberオタクです・・・。

今回は既に1年以上動画投稿もしていないこのチャンネルの登録者数を増やしてみましょう。

Like4Likeの使い方は単純で、「ページの追加と管理」を押してください。

そうすると下図のような画面が出てくるので「ユーチューブの購読者数」を選んでください。これがチャンネル登録です。

そうすると設定画面が出てくるので登録者数を増やしたいチャンネルのURLと消費するクレジット数を選択できます。チャンネルのURLは分かると思いますが、消費するクレジット数はチャンネル登録してくれた人にあげるクレジット数になります。これは最小値の2でOKです。結構Like4Likeを使ってきましたが2にしてもすぐに人がわんさか来てくれます。

そして「Add URL」ボタンを押すと実際に他の人がチャンネル登録を始めてくれます。ここで注意して欲しいのが、ページリストに以下のような表示がされたあとに「地位」の制限を押して求める登録者数の設定を行ってください。これをやらないと持っているクレジットをすべて消費するまでチャンネル登録者数が増える事になります。

ここまでやれば後は待つだけです。今回100クレジット消費で1人あたり2クレジットの報酬を設定したので50人ほど入るはずです。

数時間待つと以下画像のような結果になりました。

チャンネル登録者数が53人になっていますね。問題なくチャンネル登録者数を増やす事ができました。ただし、これには大きな落とし穴があります。それはLike4Likeを使っている人はほとんど捨て垢でやっているという事です。

そのため、ある程度Like4Likeのクレジットを貯めるために使ったアカウントは数日もすれば消去されます。YouTubeのチャンネル登録者数はアカウントが消去されるとチャンネル登録も自動的に解除されるので、数日たつとチャンネル登録者数が元に戻ってしまいます。

下の画像が数日後の状態です。

元が6人だったので一人残ってくれていますね(笑)。

今回の検証では3日後にはほぼすべての人がチャンネル登録を解除(正確にはアカウント削除)をしました。

Like4Likeを利用する上での危険性

今回の検証から「Like4Likeで稼いだ登録者数は消える」という事が分かったと思います。

その前提で「チャンネル登録者数1000人を○○円で売ります」というような商品販売をしてしまうと問題が発生しますよね。

購入者はもちろん永続的にチャンネル登録してくれる前提でお金を払っているので、数日後にチャンネル登録者数が消えたら詐欺にあったと思うでしょう。この行為が詐欺として認定されるかは分かりませんが、訴訟レベルのトラブルに巻き込まれる可能性は高いです。

そのため、Like4LikeはYouTubeの動画閲覧数やいいねなど、捨て垢が削除されても残るタイプの商品で販売する方が賢明です。というかそもそもこういった商品販売は大したお金にもならないのであまりオススメはしません。某YouTuberは一日1万稼げると書いてありましたがそれは100%無理です。断言します。

まぁ体感的に無理せず稼ごうとしたらせいぜい時給100~200円くらいじゃないでしょうか。販売にかかる手間を考えると割に合わないだろうと思います。

私個人の意見としてはLike4Likeでお金を稼ぐのは無理or割に合わない という結論になりました。

今回の記事はここまでにします。私のブログでは他にも副業関連の記事をあげていますので是非見て行ってください。

フォローしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です