[IPO]ティアンドエスの初値AI予測と結果発表

ティアンドエス上場による初値確定 AI予測値との違いを考察

本日ティアンドエスが東証マザーズに上場しました。おめでとうございます。本来であれば2020年8月7日に上場予定でしたが買い注文が入りすぎて当日に初値が付かず,8月11日にずれこむという珍しいケースとなりました。IPOに当選した方は本当に羨ましいです。

さて,主はIPOの初値を予測するAIを構築し,前回記事でAIの初値予測値は5883円と書きました。実際にランダムフォレストがそのように予測したのですが,今回の上場後初値は7010円でした。うーん・・・なんとも言えません。

有名なIPO関係のWEBサイトから結果だけ頂いてきました。AI予測値と1130円の誤差が出たのは少々厳しいですが今回は上場日が持ち越されるなどイレギュラーがあったのであまり参考にはできないかも知れません。こちらの方も初値予想は5000~6000円なのでAI予測値はそれなりに的を得ている可能性があります(こちらの方がどう算出しているかは理解できておりません)。

今回の結果を踏まえるとテキストマイニングも必要かも知れません。WEBサイトからその企業の評判をテキストから取ってきて点数付けする・・・ただ依然に上場した際のテキストなんて集めるのめちゃくちゃ大変になりそう・・・

IPO初値AI予測の改良はもう少し様子を見てからですね!ぶっちゃけ大変すぎて疲れました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です