[IPO]インターファクトリー初値AI予測と抽選結果

東証マザーズに上場するインターファクトリーのIPO初値をAI予測

東証マザーズに新規上場するインターファクトリー社の公募価格が本日決定しました。公募価格は当然のごとく上限の960円です!ちなみに,AIに学習させたデータを以下にまとめておきます。

  • 上場先:マザーズ
  • 仮条件上下限:870~960円
  • 公募価格:960円
  • 公開株式数:1,110,900(株数)
  • 事業業態:情報・通信業
  • 過去5年間の業績(下記参照。目論見書から抜粋)

そしてその情報を元にAIで初値を予測した結果が以下になります。

はい,1763円という予測が出ました。960円から考えるとかなりの上昇率ですね。正直株数が若干多いので上昇率はもう少し低く出るのでは?と思っていましたが良好な結果でした。ちなみにこのAIはこちらの記事で作成過程を説明しています。

そして注目の抽選結果は!?

はい,非常に良好なAI予測が出たインターファクトリー社のIPOですが,なんと・・・主は・・・

はい,落ちましたね。いや~当たらない物ですね~。

これで2020年8月に申込できるIPOは全て落ちた事になりますね。世知辛いですなぁ特にティアンドエスは昇り龍が如く株価が上昇していきます。

ストップ高ですね。これ,初値7000円ぐらいなんですよ?正直初値で買ったとしても2倍になるってすごいですね。公募価格2800円なので100株当たっていたとして約120万円の利益が出ることになります。

IPOの上場後株価上昇率も統計を取りたいですね。正直IPO抽選に落ちたとしてもこれだけ上がるなら十分トレード方針になりそうです。過去のデータで上場後数日間の値動きを把握するためのシステムを組んでいきたいですね。

WEBAPIを使ってどこかのサイトからスクレイピングで取得できないですかね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です