[FX奮闘記] 豪ドル安の流れ襲来!?豪政府方針

最近豪ドル円が上昇傾向だが今後は下落?豪政府の方針とは

2020年8月14日に発表された豪政府の発表で豪ドルの方向性が示されました。主も豪ドルの高値更新がここ最近止まったなぁと思っていましたが豪政府が介入していた可能性すらありますね。                   ↓為替介入しないと言っていますが介入なんてどの国もやっていますし。

このように政策金利を引き下げたいという気持ちが強いようです。政策金利は下げるとその国の通貨は安くなりますので強烈な豪ドル安(円高)になります。最近豪ドルが75.6円に強い抵抗線があり,越せないのはやはり誰かの意思を感じるところです。

こちらのサイトから引用させて頂きましたが直近5年間のオーストラリア政策金利の推移です。段階的に金利は下落していき,2020年には0.25%になっています。この事から為替も円高になってきました。さらに政策金利を0.1%に下げるなんて事になったら更に円高になるはずです。

円高方針を踏まえて今後のトレード戦略は?

今後のFXトレードでは売り強めで良いと思います。ただ直近は円安方向なのでそこだけは留意願います。豪政府は為替介入しないと言っていますが多少なりとも介入してきます。直近の抵抗線である75.6円付近に指値で売りポジを入れておくだけで稼げますし,いずれ大きく下落する可能性が高いので大きな利益を得られる可能性があります。

まぁ政策金利を本当に下げるのか,また下げるならいつになるのかが知りたいですが現状知る方法はありませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です