[FX奮闘記] 豪ドル円反転上昇!年初来最高値更新

豪ドル円が下降から上昇トレンドに反転

最近あまりFXをやれていなかったので久しぶりの投稿になります。しかし依然の投稿では下降トレンドに入ったような動きをしていたのに大きく円安側に動いているようですね。さらに日本の総理大臣が辞任を表明するなど,内容が濃い一週間になりました。

安倍総理の事は消費税増税以外は好きだったので個人的には退陣するのは寂しいですね

豪ドルの30分足を出します。この青印の部分で下降トレンドになったと思いましたが,そこから急激に反転し,年初来最高値となる78円程度まで上昇しました。これによってもともとのトレンドラインに入ったので再度この中で上下すると思われます。

時間足ごとのトレンド

豪ドル円のトレンドを時間足に分けてみてみます

これが1時間足です。典型的な右肩上がりですね。今の77.589という状態だとポジ入れるならば売りですが,個人的には77.9円後半くらいに行くまでは売りポジ入れないですね。基本的に右肩上がりに上昇しているので,76.5円くらいで買いポジ入れる方が賢いですね

これは日足です。かなり長期間に渡って下降し,2020年3月から反転して上昇している事が分かります。ただこの視点で見ると,本当に反転して上昇していくかは不明ですね。多くの金融専業でやっている人も8月は豪ドル円は下落すると予想していましたが外れていますね。まぁ金融会社に勤めている人は騙し目的で語っている人も多いとは思うので仕方ないのかも知れません。

今後の方向性予測

これに関しては今後も上昇(円安方向)に進んでいくだろうなぁと思っています。豪政府は豪ドル安(円高)を望んでいるようですが,防衛ラインだった76.6円を悠々と超えられてしまい,止まる気のない円安方向に舵が切られています。豪政府もしくは豪中銀が介入しないのであれば今後も円安方向に進む(上昇していく)と思われます。

ただ,今回日本総理大臣が辞任を表明しました。これは当たり前ですが非常に大きな不安要素です。退陣情報がリークされた際には大きく円高(下落方向)に触れました。これが来週以降どう影響するかを考える必要がありそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です