[FX奮闘記] 豪ドル円レンジ復帰 AI予測に見る今後の方向性

豪ドル円が一時レンジから外れたがレンジ内に復帰

豪ドル円の値動きがこれまでと若干変わっている。長い間平行ラインの真ん中付近を走ってきたがライン下限を割って下落し,2020年8月21日にレンジ内に復帰した。

方向性が分かりにくいですが個人的には76.5円付近まで上がるんじゃないかなぁと思っています。ただそろそろ下降トレンドに変わる可能性が高いと踏んでいるので個人的には売り厚めで行きます。

AIで予測する豪ドルの日足 2020年8月21日

さて,仕事で疲れてあまりやっていませんでしたが豪ドル日足および曜日データを学習したAIによる明日の方向感を見たいと思います。

5日足AIによる日足予測

このAIが予測するのは2020年8月21日の初値,高値,安値,終値です。5日分のデータを学習したAIで見るので割と短期的視点で見ています。早速学習結果を表示します。(このPythonコード今度修正します。毎回計算するの面倒すぎる)

この結果を数字に直すと以下の通り。

  • 初値:76.10
  • 高値:76.61
  • 安値:75.83
  • 終値:76.32

という予測結果になりました。個人的にはいい線行ってるんじゃないかと思います。AI的にはまぁ円安傾向になるでしょうという事ですね(主の個人的予想も同じく円安です)。こちらは5日分のデータで判断しているのでもう少し長いスパンで予測する30日足のAIでも確認してみましょう。

30日足AIによる日足予測

やっている事自体は5日足と同じです。学習データが30日分になり,直近30日分のデータから本日の日足値を予測します。

  • 初値:76.14
  • 高値:76.67
  • 安値:75.95
  • 終値:76.40

30日足でも円安になるという予測結果になりました。う~ん悪くは無さそうですね。そもそもこの学習方法だと純粋にテクニカル分析をしているのと同じだと思うので数字の精度はさておき,方向性を掴むのには使えるような気がします。

このAI予測に石油価格や金価格,日経平均株価などの情報も学習させたら精度上がりそうですよね。ただ最近疲れてやる気が出ていないんですよね。

ノーコード ローコード技術にも興味出てきたので勉強したいですし・・・。正直時間がいくらあっても足りないですね。

Follow me!

[FX奮闘記] 豪ドル円レンジ復帰 AI予測に見る今後の方向性” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です