[FX奮闘記] ドル円下落!金利にほぼ追随傾向

上昇傾向にあったドル円が反落!米金利低下に伴うドル安か

先日まで上昇傾向にあったドル円ですが,反落しました。米国の長期金利は先週まで増加傾向でドル高になっていました。一方で本日は米国長期金利が0.71%⇒0.67%まで下落したため,それに伴いドル安になったようです。

先週から見ておよそ1円分ほど下落しています。

かなりの下落速度ですが,金利の影響だけではない気がします。中国との摩擦?とも思いましたが米国側からはむしろ関係を改善しようとする発言が出ていました。

まぁ米中摩擦はあると思いますがこの程度なら日常ですね。というか最近米中摩擦という非日常が続きすぎてもはや日常と化しています。恐ろしい事ですね。

ドル円の今後の方向性予測

はっきり言うと分かりませんね。主は継続して円安方向に行くだろうと踏んでいましたが

①米国の経済が上向きにならない

②その結果米国の金利が上がらない

③円高継続

この流れが崩せません。せめて米中摩擦がもう少し緩和されればドルも買われて円安になると思うんですが。

まぁドル円に関してはもはや円の変動要素はほぼ無く,ドルの動きに依存して方向性が決まっているので米国次第という感じですね。大統領選も近いですしあまり手を出さない方がいいかも知れません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です